サムライブログSAMURAI BLOG

建設アスベスト給付金法

 今日(1月19日)、「建設アスベスト給付金法」が完全施行されました。
 この法律は、全国各地で提起されていた「建設アスベスト訴訟」のうち、横浜1陣と大阪1陣について、昨年5月17日に出された国敗訴の最高裁判決の内容と、判決の翌日に国と建設アスベスト訴訟原告団・弁護団の間で締結された「基本合意書」の内容に沿った形で、議員立法として6月9日に成立し、同月16日に公布されていたものです。
 今回の給付金の概要は、以下のとおりとなっています。

【給付金の支給を請求できる方】

 次の1~3にすべて該当する方が請求できます。

 1 以下の期間ごとに記載の、石綿にさらされる建設業務(特定石綿ばく露
   建設業務)に従事していた方

  ・昭和47年10月1日~昭和50年9月30日
      ……石綿の吹付け作業に係る建設業務
  ・昭和50年10月1日~平成16年9月30日
      …… 一定の屋内作業場で行われた作業に係る建設業務

 2 1の業務に従事することにより、次の石綿関連疾病にかかった方
  ・中皮腫
  ・肺がん
  ・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚
  ・石綿肺(じん肺法のじん肺管理区分のうち管理2~管理4、もしくはこれらに相当するもの)
  ・良性石綿胸水
 3 労働者や、一人親方・中小事業主(家族従事者等を含む)のいずれかである方(あった方)

 本人が亡くなっているときは、その遺族(配偶者(内縁の方を含む)、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)が請求します。

【給付金額】

 次の1~7の区分に応じた額が支給されます。

 1 石綿肺管理2で、じん肺法所定の合併症のない方  550万円
 2 石綿肺管理2で、じん肺法所定の合併症のある方  700万円
 3 石綿肺管理3で、じん肺法所定の合併症のない方  800万円
 4 石綿肺管理3で、じん肺法所定の合併症のある方  950万円
 5 中皮腫、肺がん、著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚、
   石綿肺管理4、良性石綿胸水である方  1,150万円
 6 上記1、3により亡くなった方     1,200万円
 7 上記2、4、5により亡くなった方   1,300万円

 特定石綿ばく露建設業務に従事した期間が疾病ごとに定めた期間より短い場合や、肺がんにかかった方で喫煙習慣がある場合には、上記の金額の90%が支給されます。

【追加給付金】

 給付金を受給した後に、病状が変化するなどして、受給時と異なる区分に該当することとなった場合には、請求により受給済の額との差額を追加給付金として支給します。

【受給の手続き】

 次のような流れで手続きが進められます。

 1 請求 (本人又は遺族→厚生労働省)
 2 請求内容の審査 (認定審査委員会)
 3 認定結果通知 (厚生労働省→請求者)
 4 給付金の支給 ((独)労働者健康安全機構→請求者)

 1の請求の期限は、次のイ、ロのいずれかの日から20年以内です。
なお、本人が石綿関連疾病により亡くなられている場合は、イ、ロによらず、亡くなられた日から20年以内となります。

 イ 石綿関連疾病にかかった旨の医師の診断があった日
 ロ じん肺法の規定によるじん肺管理区分(管理2~管理4に限る)の決定があった日


 給付金等を受けるためには、労災保険給付を受けていることが必要か否かということについて、給付金等の支給に関するQ&A(Q2)では以下のとおり答えています。

(回答)
 あらかじめ労災保険給付または石綿救済法の特別遺族給付金を請求し支給決定を受けていることは、給付金等の請求に当たっての要件とはされておりません。
 ただし、労災保険給付や特別遺族給付金の請求を行いその支給決定を受けた後に給付金等の請求を行った方が給付金申請の手続きが簡易になりますので、この流れでの請求をお勧めします。


 厚生労働省本省HPのページ「建設アスベスト給付金制度について」に、この給付金の請求の手引き、Q&A、様式などが掲載されています。