サムライブログSAMURAI BLOG

【事業再構築補助金メモ】~束ねた事業計画~

 事務局ホームページにアップされている動画をご覧になった方も多いかと思いますが、その中で出てきたキーワードです。

 束ねた計画がどのようなものについては、公募要領(第2回)の表2.審査項目、(4)政策点の⑤を、自分の周辺に当てはめて考えればわかりやすいでしょう。

 ちなみに、その全文はこのようなものです。

「⑤異なるサービスを提供する事業者が共通のプラットフォームを構築してサービスを提供するような場合など、単独では解決が難しい課題について複数の事業者が連携して取組むことにより、高い生産性向上が期待できるか。また、異なる強みを持つ複数の企業等(大学等を含む)が共同体を構成して製品開発を行うなど、経済的波及効果が期待できるか。」

 例えばになりますが、素材製造企業と、その素材を加工して製品を製造する企業が協働して、素材からの新製品開発を行う事業というのが考えられます。

 この事業では、新素材がその製品専用で他に転用できないのであれば、2社共同で一つの事業計画を申請せざるを得ないでしょう。
 その一方で、その素材が他にも転用でき、それ自体商材となるのであれば、2社別々の事業計画で申請できる余地が出てきます