サムライブログSAMURAI BLOG

【厚生労働省助成金メモ】~定年延長の助成金~

 65歳以上への定年延長の取り組みなどを行った企業や個人事業主への助成金があります。(65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース))

 例えば、60歳定年、65歳継続雇用の企業で、定年延長を行う場合は、現行の60歳定年後の継続再雇用中の60歳から64歳の社員が対象となります。この社員は、定年前から引き続きその会社で1年以上雇用されている方のことです。

 対象となる社員が、1名から9名の時は、定年を60歳から66歳まで6歳引き上げると85万円、同じく70歳まで10歳まで引き上げると120万円です。
 定年を廃止したときは、70歳までの引き上げと同じ120万円です。
 昨年度までは、社員数の括りは、1~2名、3~9名、10名以上でした。区分によっては、昨年度から助成額が減っているケースもありますが、1~2名に限っては、事例の2つの引き上げパターンでの昨年度の助成額はいずれも20万円でしたから、今年度一気に65万もしくは100万円の大幅な増額となっています。

 60歳以上の社員に戦力としてできる限り長く残ってもらいたい企業では、活用を検討してみてはいかがでしょうか。